骨折り損 RX

骨折ちゃんのブログ

アセンション記

この半年いろんなことがあったんだけどあんまりtwitterに書いてない。もちろんブログも書いてない。もともとtwitterアカウントがお母さんにバレていたから、お母さんに言えないようなこと(実は一昨年のハロウィンにディズニー行ってミラコスタとランドホテル泊まってました楽しかったぴょ〜んとか)は書いてなかった。じゃあここでさまざまをおっぴろげにするのかというと書くほどのことかねみたいな気持ちになってきて、このあいだ倉庫の奥で見つけたアコースティック?ギター?というんですかこれは?をどうにかしようとムイムイやっていたらやっぱりばっちり弦が切れてしまった件がもっともホットなニュースです。猫がギターを踏んでばちばち鳴らしています。踏まないでほしい。

あ、スペシャルホットなニュース、誕生日がすぎました。24歳になった。24歳、字面が大人の年齢なので本当に引く。そういえば身のまわりのことtwitterに書いてないって言ったけど、身の"まわりのこと"はよく書いてる。"身"のことを書いてないんだった。自分のこと書かないで他人をコンテンツ化してるのサイアクじゃん気付かぬ間にサイアクの24歳になっていた。

なんでこんな、自分のことを書くのが怖くなったのかなって考えるとズバリ2月ごろに「好きだったけどさようなら」とaskで言われたのを引きずっているんでしょう。askで言うなボケ。その時は「好きじゃなくなったと言われて傷つくような人間だと思われたのがマジで屈辱」とか思ってたけどまあまあ傷ついていたらしくて可哀想、情けな〜い

でもこの悲しみの矛先って ①私を気に入ってくれていた人の消失 ②気に入ってもらえていたはずの長所の消失、どっち?判別できない。普通に③匿名による悪意に対する悲しみ なの?

ただ「さよなら」を告げられたのは確かに私が変化しはじめた時期にドンピシャだと感じていて、するとこの「さよなら」の人は私の変化をわかってくれていたのであり、それは髪切ったことを気付いてくれたのと同じようなもので、だからちょっと引きずっているのかなという気もします。どんどんわたし 変化してる自覚あるし、実際それに伴って長所も減っていて、それに成りかわる長所がなんなのか、まだよくわからない。さ、探さなきゃいけんのかいな〜……カンベン…。職種はともかく長期的に労働しているからこうなっているだけであってまたニートになったら戻るのか。てか長所とかもうどうでもよくね??どうでもよ〜…くはないか!わかんねー。わからにゃいよ。まじ迷走なんですけどサイアク〜〜〜!(©️フワちゃん)

この迷走の時期を利用して占いとギターと着物の着付けと初級スペイン語を習得してやる。もっとやることが…ある?いやそれは……知らんけど…

 

上の文章書いたの今日の朝四時なんですが、さっき(夕方四時)に倉庫でまたウクレレ見つけて、弦も切れなかったのでコードいくつかおさえられるようになりました。ルージュの伝言ちょっと弾けるようになった。ホットなニュースが止まらん。予断を許さない。魂の上昇を感じる。

勝手にふるえてろの感想

 

 「勝手にふるえてろ」、よかった。高校時代の友人・キムラと見に行ったから相乗効果でよかった。キムラは松岡茉優ではないが内面は十分にヨシカで、布団を電気ストーブで燃やした実績もある。見終わって開口一番「ヨシカが履いてたあの甲の浅いきったねえ靴、あたしも履いてた」と言うのでその同調は詩的で良いなと思った。

 f:id:setukossetu:20180114002336j:image

今気づいたけど主人公の名前トシカじゃなくてヨシカじゃん

 感想ツイートの中で「我々のような人間は」というフレーズを二回使ったけど、正直「勝手にふるえてろ」の感想はこのワンフレーズで充分だと思う。我々のような人間は……。

 以下、感想にかこつけた自省

  大学にいた講師の人がめちゃめちゃ推しで、めっちゃ好きで、話題の端々から育ちとか性格とか思想を推測してあ〜〜はいはいはいそういうタイプのそういう人ね、はいはいわかるわかるわかるわかる、わかるぜ俺は…という感情の海に溺れていた。そういうわかるわかるわかるの海で溺れてちゃあんめーよという映画だった。

 わかるの海の者は「わかってねーやつ」が死ぬほど嫌い。タモリ倶楽部の面白さわかってねーやつ、賢ぶるのがダセーことわかってねーやつ、本能で動くことの愚かさわかってねーやつ、自分の価値のなさわかってねーやつ… 〈二〉は、そういう「わかってねーやつ」の代表。しかしわかり手を気取っている我々のような人間は、結局世界の真実どころか中学の同窓会における正しい振る舞い方すらもわかっていない。わかってねーやつらに対する嫌悪は、同族嫌悪というか、何でお前は正々堂々わかってねー存在でいられるんだというイラつき、または共感性羞恥*1から来ていると思う。

 わかるの人間はわかってねーやつが嫌い。だから同じわかる人間を好きになるか、もしくは相手に対する「わかる」をガスガス積み重ねることで愛の証拠とみなしがち。私が「わかってる」ってことをあなたはわかってくれるはず、そしたら好きになってくれるはず、って思考回路がある…のはつまり「私は誰かにわかられたい」ということか。わかられたいな。しかし先述した通り、本当は誰も何もわかってないので齟齬が生じ、「本当はわかっていなかった、わかられていなかった」と判明した瞬間にもうあああああ〜〜となる。昔の失態を思い出して頭を抱えながら出すうめき声というか、自分の心臓の壁がどんどん狭まって、それにはさまれてるときの擬音というか。

松岡茉優の「あああああ〜〜」は凄かった。あの「あああああ〜〜」は全ての「あああああ〜〜」経験者必見です。死にたくなってきた、死にませんが…

 この物語、もしBLだったら〈二〉の愛はもっと熱烈だよね。遠くの愛より近くの「まあ、好き」を取るのってBLだとそんなに無いかな。たぶんヨシカはこれから〈二〉を踏み台?ジャンプ台?にして世界と関わり始めることになると思うんだけど、BLでそういう「踏み台の恋」ってあんまり無……いや!ある!学園スポーツものの二次創作!地雷だ!でも男女物だとすんなり見れた  いずれ終わる男女恋愛、解釈合います。

 

 〈一〉は顔も言動もバリ可愛いラブだったんだけど〈二〉はキモいと萌えのボーダーラインの上に居る。渡辺大知の顔が割と好きだったから良いものの…どうですか?みんなどうでした?

 

*1:これも「わかるの海」の人間が勝手に作った言葉なのでは

3日くらい前の話

深夜3時、マッチングアプリに登録することを思い立つ。ツイッターの広告で流れてきたアプリに登録した。

f:id:setukossetu:20180113080435j:image

いくつかの質問に大喜利気分で答え、体型を「ぽっちゃり」に設定、自己紹介文に「明るく前向きなブス」と記入。ふざけ心と女心(?)が入り混じる醜悪なプロフィールが完成した。表示される写真を左右にスワイプしてアリかナシかの意思表示するタイプのアプリだったのだが、次々に出てくる大量の男の顔写真に私ごとき人間が他人様をアリ・ナシなど仕分けしてしまって良いのか、など考えてしまってだんだん気分が悪くなり休憩。合間にtwitterでアプリの名前を検索、するとアプリを主戦場にしたナンパ師のアカウント(鍵なし)が大量に出てくる。digを続け、ナンパ用語をいくつか知った。いわゆる顔面偏差値のことを「スト値」と呼ぶらしい。10段階あり、スト値7からは顔で仕事できるレベルだとか。「アプリ上でサクラを除外する方法公開!これをやるとスト値7以下しかマッチできませんがそこが本当の狩場と心得よ」みたいな文言を見てキレ散らかす。スト値7以下か〜残念だが仕方あるまい…じゃないよ!あと「潔癖症なんで処女じゃないと無理で…アプリで処女食えますかね?」って男も発見し狂い散らかす。他人の膜を自分の性行為の生贄にすな!この憎悪エネルギーのおかげでアリ・ナシスワイプが大変捗った。「アリ」な人とだけメッセージを交換できるのだが、ここ数年twitterでしかコミュニケーションを取っていなかったため、一事が万事

f:id:setukossetu:20180113080631j:image

この調子である。どうしようもない。もうだめ。ありがとうございました。もずくの天ぷらは沖縄の食べ物だった。でしょうね。あとはうさぎちゃん🐰を2匹飼ってる実家住みおじさんや福岡からランドとシー両方にひとりでインして日帰りで帰ってきたお兄さんと話したあと、ゾンビ好きの人からおススメゾンビランキング5位まで教えてもらった。1位はウォーキングデッドらしい。映画じゃないのかよ。ショーンオブザデッドがHuluに入ってたので見ることにします。

ウェブログの呼び声

ブログサービスにも声質がそれぞれある。自分の声に合った場所をえらばなければいけない。

noteはおしゃべりな女の人の声、投げ銭制度もあり魅力的だったけど「自分の価値」の五文字が常に頭をチラつきそうなので今はやめておいた。ガールズバーのバイトに応募するのやめた時も同じ心境だった。

livedoorはおとなしいボソボソ声なのに 突然おっぱいを強調した女の子の広告がデロリと出てくるところにリアルな熱のあるキモさを感じて却下した。

フォロワーに教えてもらったブログ、Amebaかな?ボサノバを歌う女の声みたいでかっこよかった でもなんか、アプリを…使いこなせなくて…シンプルだったのに…

 ボサノバといえば「おいしい水」のモノマネをするミラクルひかる面白いので皆さん違法視聴して逮捕されてください。

 結局私の声に合ってるのははてなブログかなあ、と思ってここにした。ダミ声というか 休み時間の教室できこえてくる声ってかんじ、なんか雑じゃない?雰囲気の中に「どうでもよさ」が満ちている。それ重要。増田だか何だか、「社会」ができているのが怖くて敬遠してたんだけど、まあ面倒臭くなったら引っ越せばいいし いっか…ここで。がんばります。

 

***

 

以前もブログを構えていました、じゅげむブログ。あんまりスマホ向きではなくて読みづらかった。
自分自身もフォロワーも予測していたとおりそれはもうぱったりと更新は途絶えました。

我々はこの惨劇を繰り返してはならない、歴史に学ぶは人類の責務 ということで大反省会

まずもって自覚しているのは、「"満を持して感"への忌避からくるブログ更新停滞」これが問題

 日々ツイッターで求められもしないのに思考をダバダバ書いている、さらにそのうえブログを書いてしまうとどうしても出てきちゃう「満を持して」感 、わざわざこしらえましたよみたいな あ〜ん恥ずかしい

耐えられなかった 耐えられないタイプ

 昔からそうだった、満を持せない。いや、誰でもそういうものなのか?反射的にいろいろやるのは好きだけど文化祭で出し物はできない、やることが多すぎるから…

反射でやるより「出し物」をしたほうが、しっかり記録や記憶に残っていていいなあと思う

いいなあと思うならやらねばなるまい

 

ひとつシンプルに、twitterでスレッドにするくらいならブログ行き」というのを決めて、ブログ及び文章を書くことの特別感を自分の中で減らしたいと思います。

 

2017年、一度文章の依頼をいただいて、お金をもらったからあれは「お仕事」で、まあ書かせていただいたんですけど、ま〜ダメだった、んじゃないかな、客観的に……私は結構思ったこと書いたなって気持ちで、後悔はないんだけど

 

ただ おれは…140文字の国の人間!!!!と思った 悲しみ
そういうの2018年、超えていきたいじゃない
矢沢はそう思うね…